母べえ(かあべえ)のCMでかかっているピアノ曲を探す

現在上映中の映画「母べえ」
CMでかかっているバッハっぽいピアノ曲が気になってしょうがなかったのですが、
なんか聞いたことあるので、あたりをつけて手持ちの楽譜を捜索。
たぶんバッハのシンフォニア6番と思う(いいのか?こんなんで!でも、多分あってるとおもう・・・)
※後日、自分で演奏して確認しました。バッハのシンフォニア6番です!

公式サイトの予告編を見ると聴ける。
  ↓
母べえ公式サイト
吉永小百合さんの台詞とマッチしていて、胸が詰まりそうになります。

私はバッハのシンフォニア収録のCDは3枚ほど持っているんですが、私の持っているCDでは6番のテンポが速く映画の演奏とは雰囲気が全然違うんですよね。
なので、CMを見たときにすぐには分からなかった。
私もレッスンで弾いたことが無かったし。
映画の演奏は好みなので、サントラが出たら欲しいです。

ちなみに私が使っている楽譜はこれ
  ↓
J.S.バッハ/インベンションとシンフォニア(ヘンレ版)
ヘンレ版は原典版なので、指番号しか書いてない。
J.S.バッハ/インヴェンションとシンフォニア(ブゾーニ版)
ヘンレ版でどうにもこうにも分からないときに、いろいろ解釈が載っているので参考にしている。

1日2つまで無料ダウンロードできるsheet music archiveにもあります。
外国サイトなので、ダウンロードの方法が分からない人は過去記事の※シューベルトのピアノソナタ16番OP42イ短調D845についてにダウンロード方法が記載してあるので参考にどうぞ。

楽天のJ.Sバッハ関連商品

<1月28日eiga.com 映画ニュースより> 第58回ベルリン国際映画祭(2月開催)コンペティション部門への出品も決定している、名匠・山田洋次監督の最新作「母(かあ)べえ」の初日舞台挨拶が1月26日、東京・丸の内ピカデリー1にて行われた。登壇したのは、山田洋次監督以下、112本目の出演作となる主演の吉永小百合、共演の浅野忠信、檀れい、笑福亭鶴瓶、志田未来、佐藤未来、原作者の野上照代の総勢8名。初回上映後の余韻に浸る観客を前に、感謝と喜びを語った。

 同作は、黒澤明監督作品のスクリプターを長年務めた野上氏による自伝的ノンフィクション小説「父へのレクイエム」の映画化。太平洋戦争直前の昭和15年が舞台に、治安維持法により投獄された夫を待ちわびながらも、2人の娘のために激動の昭和を生き抜いた母親(母べえ)の物語だ。

 74年の「男はつらいよ」以来34年ぶりの山田監督作品への出演となった吉永は、「長い月日が経ちましたが、山田監督の作品はずっと見てまいりました。弱いもの、小さいものに対する温かい眼差しをいつも感じておりました。今回の作品も同じく、優しさにあふれた映画で、一生忘れられない大切な思い出になると思います」と語った。常日頃より原爆詩の朗読を通じて平和の大切さを訴え続ける吉永にとって、ひときわ思い入れの強い主演作とあってか、感極まって目を潤ませる姿も見せた。また、吉永は娘役の2人らと一緒に「水族館へ遊びに行った」そうで、若い共演者陣から微笑ましいエピソードが披露されると、会場も和やかな雰囲気に包まれた。

 山田監督は最後に「野上さんの友人に、“小さな茶の間を大きな時代が通り過ぎていくような映画”と表されて、本当に嬉しかった。(映画の作り手は)観客1人1人の感想によって教えられていくもの。この国がどうなっていくのか、あのような時代になっちゃいけない、と考えてもらえたら、こんなに嬉しいことはない」と締めくくり、再び深々と頭を下げた。

新作映画の話 – livedoor Blog 共通テーマ